ニュース

レインボーシックス シージ【R6S】Lionリワーク フレンドリーファイヤーの処罰 カピタオリワークを含むパッチが公開





今パッチではフレンドリーファイヤーに対する処罰及び、ライオンリワーク、カピタオのリワークなどが含まれます。

TTS上でテストされてやがて実装される予定です。

 

オペレーターのバランス調整

Lion(ライオン)

  • スキャン直前の警告表示を3秒から1.5秒に減少
  • スキャン時間を4秒から2秒に短縮
  • スキャンによる位置情報を敵の体のアウトラインから赤いピンに変更
  • 使用回数を2回から3回へ増加
  • アビリティーのクールダウンを27秒から15秒へ短縮
  • VigilのERC-7クロークはLionのアビリティーの効果を受けない(警告、スキャン)

従来ではLionのアビリティーは2段階(警告、スキャン)で合計時間が7秒でしたが全体的な持続時間を減少させて3.5秒に短縮したことによってバランスの調整ができている。

アビリティーの効果時間を短縮することによって防衛側としてはフラストレーションが大幅に減少することになる。

 

スキャンによるアウトラインを赤いピン立てにすることによってAlibi(アリバイ)と似たような検出方法となる。

スキャンによって検出された場合は1秒間に最大3回表示される。防衛側は戦略的に移動して敵を惑わす事もできるでしょう。

全てを弱体化するのではなく、バランスよくLionの良さを生かす為に使用回数を3回に増加し、クールダウンを短縮させた。

 

Capitao(カピタオ)





  • 1ティックあたりのダメージを19から12へ減少
  • アビリティーの効果領域のサイズを大きくした
  • 効果領域の最大に達するまでに2秒かかる
  • 10メートルから先は矢が重力によって減衰していく

カピタオのリワークは以前もあり、実装予定だったがまだ不十分だった為、バーンホライズンでは実装しませんでした。

フィードバックを元に再び調整を行い、効果の最大領域に達するまでに時間を増加させ、プレイヤーがダメージを受ける前に脱出できるようにした。

10メートル以降は矢が落ちていく為、遠距離を狙うのは少し難しくなった。アビリティーの量を増やすか検討したが、殺傷能力がある為、見送りとなった。

 

フレンドリーファイヤー

チームキル(TK)した場合は、マッププレイに参加できなかったのですが今回のプレイヤーへの処罰に対してはさらに

1人目をキルした場合、2人目以降はダメージが全て自身へ帰ってくる仕様になる

フレンドリーファイヤーを悪用する影響を抑えつつ、プレイヤーが誤射する事故が起こった場合に対処する

 

カジュアル、ランクで実装されてデーターのフィードバックを収集する

  • オペレーターの固有のアビリティーでダメージを与えた場合はガジェットにダメージを与える(イーヴィルアイやTwitchドローンで負傷させた場合も同様となる)
  • リバースフレンドリーファイヤーが有効になると赤色で警告表示される。

キルカメラによるチームキルの認定

  • チームキルされたプレイヤーはキルカメラによって故意的にされたか確認でき、リバースフレンドリーファイヤーを有効にするか無効にするか認定できる。
  • どちらも選択しなかった場合は、デフォルトで有効になります。

ペナルティー

リバースチームキルが有効になった場合は、キックされない代わりに全てのマッチを通して有効になります。

それでも継続的にチームキルを行った場合は制裁処置を行う事となる。

 

バグの修正

  • ハッキングされたドローンは様々なマップで時々、信号を失う問題をいくつか修正(全てのマップで起こっている問題で個別に修正していく為、時間を要する)
  • その他、様々なバグの修正

既知バグ

  • TTSではチュートリアル、シチュエーション、オペレーターアンロックのビデオの再生がされないお。

 

 

 








Twitter でフォロー

PAGE TOP