ニュース

レインボーシックスシージ(R6S)北米プロリーグでのピック率TOP10、BANオペレーターの統計結果を紹介





R6S 北米プロリーグ ピック率

 アタッカー

数字が上下ありますが上がピック率で下がBAN率となります。

  1. HIBANA(ヒバナ):73%
  2. ZOFIA(ゾフィア):66%
  3. IQ(アイキュー):47%
  4. BUCK(バック):40%
  5. LION(ライオン):38%
  6. THERMITE(テルミット):38%
  7. CAPITAO(カピタオ):31%
  8. DOKKAEBI(ドッケビ):27%
  9. THATCHER(サッチャー):21%
  10. SLEDGE(スレッジ):21%

意外にガジェットの弱体化されたIQがランクインしていますがヴァルキリーカメラの破壊やエコードローンの破壊に必須となっているようです。

 

ディフェンダー

数字が上下ありますが上がピック率で下がBAN率となります。





  1. SMOKE(スモーク):89%
  2. JAGER(イエーガー):71%
  3. LESION(リージョン):39%
  4. BANDIT(バンディット):38%
  5. MAESTRO(マエストロ):36%
  6. CASTLE(キャッスル):36%
  7. MIRA(ミラ):32%
  8. PULSE(パルス):27%
  9. ECHO(エコー):26%
  10. VALKYRIE(ヴァルキリー):25%

スモークのSMG11の弱体化していても人気のピック率となっているようです。足止めなどで必須となるオペレーターなので人気なのでしょう。

ミラ、エコー、ヴァルキリーはBAN率が高い為ピック率は下がっているのを確認できますね。

 

BANオペレーター

アタッカー

 

  1. GLAZ(グラズ):44%
  2. LION(ライオン):44%
  3. YING(イン):31%
  4. THERMITE(テルミット):23%
  5. HIBANA(ヒバナ):15%

 

ディフェンダー

  1. MIRA(ミラ):51%
  2. ECHO(エコーECHO(エコー):41%
  3. MAESTRO(マエストロ):36%
  4. VALKYRIE(ヴァルキリー):31%
  5. PULSE(パルス):13%







Twitter でフォロー

PAGE TOP